譲治文書

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

譲治文書

勉強系、オピニオン系、商品紹介系の記事を書いています。

名古屋大生の悲しいニュースを受けて留年について思うこと

昨日悲しいニュースがありました。

ニュースによると学生は留年が原因で自殺したのではないか、と推察されているようです。

僕にとってこれは他人事の様には思えませんでした。

 

留年について

亡くなった学生は名古屋大学に通っていました。

非常に優秀だったのは間違いないです。

留年してしまったのも、何か小さなことでつまずいてしまったのではないでしょうか。

 

学生が何を原因に留年してしまったのかは分かりません。

進級試験に落ちたのかもしれないし、出席日数が足りなかったのが原因かもしれません。

 

以前僕は医学部の留年についての記事を書きました。

 

www.jojibunsho.com

 

この記事では留年のさまざまな問題点について扱いました。否定的な意見ではなく客観的に書いた記事です。

 

大学生にとって「留年」は決して小さな問題ではありません。

それが時にその人の人生に大きな影響を与えることさえあります。

 

現に尊い命が失われてしまいました。遺族の悲しみも大きいはずです。

 

僕はこの大学生の気持ちが痛いほど分かります。

 

なぜなら自分自身、留年が身近だったからです。ギリギリで進級している身であるからです。

 

留年が辛くて死を考えてしまうのは、不自然ではないと思います。

試験に落ちた経験

僕の経験談を述べますね。

 

二年生の頃です。僕はとても大事な試験を落としてしまいました。

 

それは進級に関わる試験です。万が一その追試に落ちた場合、留年が決まります。

 

僕はブログ内で「成績が悪い、落ちこぼれだ」などとよく自虐しています。これは事実です。

だけどこれまで試験に落ちたことはほとんどありませんでした。

 

確かに成績は良くなかったし平均点を超えることも殆どなかったけど、一応試験はパスしていました。

なんとなく勉強してたまたま運よく点数が取れていたのです。

 

60点が合格ラインなら僕はいつも62、3点ぐらいを取っていました。常に不合格が隣り合わせでした。

 

低空飛行で順調にこなしていました。

けれど先述の通り二年生の進級試験の本試で初めて落ちました。

 

試験に向けて勉強しなかったわけではありません。

勉強時間が足りなかったとも思いません。分かっているのは勉強法が間違っていた、ということです。

 

自画自賛しているのではありません。が、努力は怠っていません。努力の方向性が間違っていました。

 

試験に落ちて反省点がはっきりしました。次からは同じ過ちを犯さないように心に決めました。

どうにもならないこと

僕がいくら反省して勉強に励んでも、試験の不合格は取り消されません。

 

追試を受けて合格しなければ解決しません。

 

自分がどれだけ努力しても試験の結果が出るまでは、安心できませんでした。

 

試験に落ちたことにより周りの態度も変わりました。

同級生には冷やかされたし、親にはとても心配されました。

 

試験に落ちるって不可逆的なものだと思います。

 

「ずっと残る傷」という風に感じたこともありました。罪のようなものを背負っている気分になったこともあります。

留年の恐怖

僕の大学の医学部に限ったことかもしれませんが、進級の発表は3月の末に行われます。

 

僕が受けた追試験は2月の末に行われました。

発表まで自分が進級できたかどうかは分かりません。約1か月間、僕は留年の恐怖に怯えていました。

 

3月の間はずっと春休みでしたが、発表まで頭の中にあるのは常に留年のことでした。

 

少しでも気が抜けると頭の中に留年の2文字が浮かびます。

常に何かをしないと不安なので旅行にでかけたり、1日中ずっと映画を見る日もありました。

 

けれどいつまでたっても安心できないので、春休みを気軽に楽しめませんでした。

 

 

留年したらどうしよう。

奨学金は打ち切られるな。

一つ下の学年とうまくやれるのかな。

また同じ授業をやるのか。

忙しい解剖もまたやらなくちゃいけないんだな。

親戚全員に留年したことを伝えなきゃいけないのかな。

現役で入ったことを喜んでくれた家族に申し訳ないな。

 

ずっと塞ぎこんでいました。

正直死にたくなることもありました。

 

自ら命を絶てば周りの人を悲しませるのは分かっていたけど、1か月という時間が余りにも長かったです。

どうしても数回は死を意識しました。

留年生になっても・・・

結果的に僕は進級できていました。

 

三年生になれることがこんなにも嬉しいと思いませんでした。ちょうどその時期にブログも始めたと思います。

 

もしかしたら大学に受かったことよりも嬉しかったのかもしれません。

 

嬉しい人もいれば、一方で悲しい思いをしている人もいます。

僕と同じ学年だった人も数名は留年しました。

 

留年しない年もあるけど留年が数名出る年だってあります。

僕の学年にも上から降りてきた留年生がいます。

 

でもみんな普通に過ごしています。

 

充実した生活を送っているように思えます。全員友達もいるし、勉強も頑張っています。幸せであるように思えます。

 

もし僕が留年していたら、同じ学年の彼らのように上手くできていたかは分からないです。

でも自分なりに生きているのではないでしょうか。

 

留年が決まった人は非常に強いショックを受けるに間違いありません。

 

僕は友達がもし留年したら支えてあげて、その子が力強く生きてけるように応援しようと思います。

 

以上です。

Hikakinさんの様な聖人君子を目指していました。。

ご無沙汰してます、譲治です。
突然ですが最近考えていることについて書きます。


ブログを書く際は上品であるべきだ、というルールを自分に強いていました。


人の命を扱う職業に就く以上誹謗中傷、公序良俗に反する、人間性を疑われるような発言をしてはいけません。

 

どうしてもその事が頭から離れなくて、ブログを書く上で少し障害になっていました。

 

 少し脱線してしまいますが、とある大物Youtuberを例に出したいと思います。

皆さんはHikakinさんを知っていますか?


日本トップのYouTuberである彼は、決して人の悪口を言わないそうです。

暴力的な発言、性的な発言もしません。

 

彼は日本YouTuberの顔のような存在で、自分が何かしてしまうと他のYouTuberの顔に泥を塗るという意識があるのです。きっと。

 

僕が変なことを書いたら日本の医療は大丈夫か?こんなやつでも医学部に入れるのか?と思う方も出てくるでしょう。

 

前から僕はHikakinさんのようなスタンスでブログを書こうと決めていました。

 

しかし最近はやや限界を感じています。

愚痴・批判も書きたいし、下ネタを用いた医学ゴロも扱いたくなる時があるのです。

 

愚痴・批判について例を挙げます。
「ピーマンが嫌い。あんなもの食べてるやつは全員クソ」と僕が書いたと仮定しましょう。

 

ピーマンが好きな人は自分が攻撃された気分になりますよね。このブログは大いに炎上するでしょう。


これってただの差別的な発言ですよね。僕はこのような事を発信したいのではありません。

 

記事として書きたいのは誰から見ても変なこと、悪いことや迷惑なことをしている人へ苦言を呈するような内容です。

 

僕の真意は伝わったでしょうか(^_^;)))

 

あくまでも常識的な範囲での批判です。同時にその対象者へのフォローもある程度入れるつもりです。
また、特定の誰かを名指しで批判することは絶対にありません。

 

下ネタについてもふんだんに取り入れる訳ではありません。覚えやすくインパクトの強いゴロを載せるためだけに用います。


というわけでブログの方向性を少し変えます。少し煽るような記事も書くことがあると思うけど、自分らしく正直な意見を表現できるブログにしたいと思います。

 

「病んでるなー、こいつ」って思っても、心の中に閉まっていただけると非常に嬉しいです。。

 

以上です、ありがとうございました!

 

ちなみにピーマンは嫌いじゃないからね!

センター現代文を解くために意識する4つのこと

こんにちは、譲治です!(^^)!

今回はセンター試験の現代文のお話。

 

 センター試験について

「センター試験は簡単だ!」という人がいると思います。

 

東大、京大、医学部など偏差値の高い所に受かる人は9割以上を取ることが珍しくありません。勉強さえすれば自分も9割超えると考えている人も多いと思います。

ですが、なめていると痛い目に会います。

 

問題は国語、特に現代文ですね。僕自身、国語は対策しにくく正直苦手でした。

 

中学と高校では言葉遣い、使用語彙、概念・理論など、レベルが全然違います。高校国語は感覚では解けません。

 

国語は勉強しても成績が伸びにくい科目ですが、勉強しなかったらセンターで失敗する可能性も高いです。

 

失敗しないためには文章に触れる機会をたくさん設けましょう。ただし教科書や小説をたくさん読め、ということではありません。

 

国語の教科書は唯の読み物だと思うので入試問題、模擬試験の問題などの試験形式でトレーニングしましょう。

 

高校の現代文にはテーマがあってそれぞれ定説めいたものがあります。ですからテーマごとの問題演習が有効です。

 

高校現代文について軽くまとめました。ここで皆さんに実用的なアドバイスを四つ提案したいと思います。

 

センター現代文のためのアドバイス 

①本文の意味を頭に残すことを意識して早く読む

問題への取り組み方ですが、理解が伴わなくてもいいので一度文章をザーッと読み飛ばします。この際本文の意味を何となくでもいいから頭に残しておきます。

 

そしてもう一度最初に戻り、設問と合致している部分を読んで答えます。

 

パラグラフリーディングでもいいでしょう。段落ごとに線で区切って意味段落の境目やその段落の役割を読み取りながら読む方法です。 

 

いずれにせよ理解より眼球を早く動かすイメージです。プレッシャーをかけて一問を一気に読み切る練習をします。一語一語認識するのではなく、まとまりで認識しましょう。

 

やり方は人それぞれだと思うのですが、僕にとって一番最悪なパターンは、じっくり読んだのにも関わらずたいして理解ができない場合でした。悪循環ですよね。

 

②本文に根拠を求める

センター試験は全国で50万人が受ける試験です。

 

問題作成者は非常に神経質になって問題を作ります。もし不備があったらクレームが入ってしまいますからね。

 

ゆえにたとえ現代文であろうと、必ず本文に根拠があるのです。そうすればやることは明確です。本文からその部分を見つければよいのです。

 

先に選択肢を見てはいけません。

 

拾った根拠をもとに自分なりに10秒くらいでまとめてみてください。

 

そうすることで誤選択肢を一瞬で切れるようになります。結果早く解けるようになるでしょう。

 

③傍線部、選択肢は徹底的に分解

センター国語はシステマチックに解くことも可能です。

 

設問で問題文中の傍線部の意味を聞かれているとしましょう。そうすれば正解の選択肢は単に傍線部を言い換えているだけになりますよね?

 

まず選択肢を主語や述語など、部分ごとに区切ります。そしてそれぞれ傍線部に該当する箇所を調べましょう。

 

(上でも書いた通り先に問題文を読みます。選択肢を先に見る必要はありません。)

最後に傍線部がそのまま、もしくは言い換えられて答えの選択肢に入っているかチェックします。

 

一連の流れは「選択肢を分解、傍線部の各部分と比較検討」です。

 

注意しておきたいのは、本文に書いていないことを含む選択肢は他の部分がどんなに美しくても正解にはならないことです。

 

選択肢でそれらしいことが書いてあり、なんとなく正解のような気がしても根拠がないならば誤った選択肢です。

 

※すべての問題の傍線部が言い換え可能とは限らないので、臨機応変に対処しましょう。

 

④拾った根拠を論理的にまとめる。

根拠をまとめさえすれば、正解となる選択肢を選ぶことが可能できます。

 

これは記述式の解答を作る際にも重要です。

 

拾った根拠を何となくつなげるだけではいい点は取れません。まず字数制限よりも少し多めに解答を作って、余分な部分を削って解答を作ります。

 

最後に

実は僕、あの有名な林修先生の授業をオンラインで受けたことがあるんですよ。東進ってお試しで授業を受けることができるんです。

 

医学部志望だと現代文が必要となるのはセンター試験だけ。でもどうしてもあの有名な「今でしょ先生」の授業が受けたかった。

 

ということで無理を言って文系用の講座を受けさせてもらいました。

 

今回の記事はだいたい林先生に教えてもらったことを言い換えているだけです。受け売り的な感じ。。

 

東進の感想は、別の機会に詳しく書こうと思うので今回はここで失礼します。

 

以上です、ありがとうございました!

 

 

↓おすすめの参考書です。林先生の授業を受けれない人はこの本で勉強するのもいいでしょう。

【社会】倫理・政治経済って?僕が実践した勉強法・参考書

こんにちは、譲治です(*^_^*)

今回はセンター試験の科目の「倫理・政治経済」について書きます。

 

倫理・政治経済って?

センター社会は地理、日本史、世界史、倫理・政治経済の四科目で構成されています。

倫理・政治経済はこの四つの中で唯一公民科目です。

 

内容は倫理という教科と政治経済という教科を別々に学びます。

 

実際に試験を受ける際には問題の半分が倫理、残り半分は政治経済で構成されています。

 

つまり全く異なる分野の科目二つを一つに凝縮した感じです。

 

以前は別々の科目だったようですが、カリキュラムの改訂により統合されました。

 

僕は三年次に倫理・政治経済を取りました。地理も歴史もそれほど得意ではなかったので、この教科を選ぶことになりました。

 

理系にとってセンターの社会科目を選ぶ際はある程度好みによるのではないでしょうか。

 

歴史、特に世界史は暗記量が非常に多いので大変かと思います。

自分の学校では「社会の科目なんてどれでもいいよ~」って感じの人は地理や倫政を選ぶ傾向が強かったです。

 

倫理・政治経済の勉強計画

英語や数学などの他の科目に比べて、倫政では参考書をそこまで用いませんでした。

 

勉強法としては学校の授業やプリントで理解し、暗記するという形をとっていたからです。

 

問題集はセンター試験の過去問や、模試を受験すれば足りると思います。

 

法律は改正が重ねられていますから、昔の政経の問題はあまりやる必要がないかもしれません。ですが演習量はたくさん設けるべきです。

 

結果的に僕はセンターで失敗をしてしまったのでそこまで高得点を取ることができませんでした。

 

日頃から真面目に授業を受け、センター40日前ぐらいからコツコツプリント、資料集や参考書をしっかり押さえていけば9割も夢じゃないです。

 

優秀な受験生の中には社会で95点以上を取る方がいます。

 

歴史や地理は膨大な暗記量をこなせば可能ですが、倫政ではある程度運要素が入ってきます。

 

時事問題などを制さなければ満点近くを取ることができません。

 

特に伝えたいこと

 

僕は一年生の頃に現代社会の授業がありましたが、倫理・政治経済の授業が始まったのは三年生からです。実質一年間も勉強できていません。

 

三年生はとにかく理科を完成させるのに忙しかったので、社会は二の次でした。

 

センターの比重が少ないから社会を捨てる方もいるでしょう。

 

中高一貫校の受験生、よっぽど時間に余裕のある受験生以外はもっと他にもやることがあるのです。

 

はっきり言って理系現役生は社会に十分な時間を当てる暇はないです

 

以上倫政について少しばかり書きました。

 

センター社会を軽くdisってしまったお詫びに、この科目を学んでよかったことを紹介します!

 

政経は現代の法律、政治体制や経済を扱っています。将来的に役立つことが多いです。

 

倫理は先人たちの思想・哲学を学ぶことができるので興味深いです。

人間の幅を広げたり、自分の心の持ちようにゆとりを持たせてくれたりする面を持ち合わせています。

 

医学部でしばしば試験科目で課せられる小論文で、倫理の知識が役立つことも多いです。

 

ね? 倫理も政経も学ぶといいことがあるとわかったでしょ?無理矢理感あるけど。

 

別の記事でも詳しく取り上げますが、使った参考書を少しだけ書きます。

 

僕はいわゆる参考書マニアなので、まだまだ紹介したいものはあります。

 

とりあえず自分に合いそうなものだけを選んで使ってください!別にこの中からじゃなくてもいいですよ!

 

マイナーな参考書は無理して使わなくても構いません!

 

倫理・政治経済の参考書

・センター試験 倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる本(おススメ)

定番の本です。学校の授業を無視しても、この本だけでそこそこの点数を取れると思います。しかしそういった勉強はおススメしません。

 

学校の授業がダメだったり、センター直前になって受験科目を変更したけど勉強時間が全然ないよって人は使っても良いと思います。

 

倫理と政治経済のそれぞれ一冊を用意すれば、より詳しい内容が書かれているので細かいところまで手が届きます。

 

すぐに読めると思うので何となく頭に残したい方にはおすすめです。

 

学校の先生はこの本に関して異常なほど否定的でしたが、使用しても全く後悔はありませんでした。

 

社会はマイナーな知識も必要となるけど、はっきり言ってメジャーな所を覚えてないのに細かいところをやっても時間の無駄です。

 

 一応立ち読みだけでもすることをオススメします。

 

・ハンドブック政経の要点整理・ハンドブック倫理の要点整理

ノートまとめをする時間はないので、覚えるべきことがまとまっているこの本は便利でした。必要なことはこの参考書に書き入れていました。

 

過去問をやるとき理解できないところは解説を読むだけでなく、ハンドブックで分野内全部を確認するというやり方をとっていました。

 

 

 

・風呂で覚える倫理

ちゃちな感じの参考書。授業を聞く前に少し知識を用意しておくと理解が深まるので、事前に軽く読んでいました。

 

倫理の暗記に時間をかけたくない人は使っていいと思います。

 

 

マイナーな参考書に不安のある方は、有名なものを信じて使ってください!

 

以上です、ありがとうございました!

花粉症なので耳鼻科にお世話になったら・・・

寒さは和らぎ、すっかり暖かくなりました。ですがある問題が生じてます。

 

それは何か…??

 

花粉症です!

 

花粉症が辛すぎる

 

僕は小さい頃からアレルギー性鼻炎を患っています。年に一回は必ず耳鼻科に行くようにしています。

 

僕が住んでいるアパートの付近には、耳鼻科が一つもありません。遠くまで行かなければならず一苦労でした。

 

今回の耳鼻科には初めて行きましたが、印象的だったので記事にしたいと思います!

 

お医者さんがお喋りでした

平日だったので全然混んでいませんでしたが、30分以上待ちました。なんでこんなに待つのかなーって考えてましたが、患者さん一人一人にかける時間が長かったからだと思う。。

 

待合室で座っていたら、やたらとオジサンの声が聞こえてきました。患者さんにしてはやけに喋るし、だからといってこんなに喋る医者もいないよな・・・

 

とか考えてたのですが、まさかまさかの声の主はお医者さんでした( *´艸`)

 

専門用語が豊富すぎて笑った

いざ診察室に入ると初老のおじさんが座ってました。自分の症状を軽く説明した後に、まずは鼻の中にスコープを入れました。

 

自分の鼻の中を見るなんて思ってもいませんでしたが、貴重な体験だったと思います。スコープで映し出された映像を見ながら、

「ここはキーゼルバッハ部位で、鼻血がよく出る所だよね」

など説明を受けました。まるで医学部の授業を受けている感覚に陥りました(笑)

 

 

f:id:the_white_room:20170427002246j:plain

疾患記事|耳鼻咽喉科いのうえクリニック|八幡山より、引用

 

スコープが終わった後、壁に貼ってある解剖図を指しながら説明を続けました。

「鼻は真ん中が鼻中隔で左右に分けられているよ。壁には上鼻甲介、中鼻甲介、下鼻甲介といったヒダがあるんだよ。」

 

 

f:id:the_white_room:20170427001930j:plain

鼻(はな)とは - コトバンクより、引用

 

僕は解剖実習を既に終えているので、学習済みのはずです。だけど頭頸部は覚えることが多くて特に苦手でした。本来なら知ってなきゃダメなのですが、全く知らないふりして聞いてました。

 

アレルギーの薬についての説明もしてました。

「今回出す薬は抗ヒスタミン薬ね。ヒスタミンは脳の神経伝達物質としても働くんだけど、アレルギーの原因にもなるわけ。この薬はねむけが起きるものがあるけど、そうじゃないものを今回は処方するから。」

 

あぁ~薬理学で学んだわ~。そういえばアレルギーの話ならヒスタミンが出てもおかしくないわなって感じでした。

 

次から次へと大学の講義のような説明を受けたので、自分からも質問をしてみました。

 

鼻水や目のかゆみ以外にも咳の症状も出ていたので、そのことについて聞いてみました。

僕:花粉症で咳も出るようになるんですか?

 

医者:結局鼻がつまると口で呼吸することが多くなります。通常はアレルギーを起こす物質が鼻で食い止められるけど、口で直に吸ってしまうと喉に付着して咳を起こすんだよね

 

僕:咳をしてもなかなか治らないんですが・・・

 

医者:咳はあまりやっても意味がないよ。咳を思いっきり強くすると腹圧がかかって、胃酸が逆流して胃を支配する迷走神経に刺激がいって、よけいに咳を誘発するようになるから。

 

 

( ゚д゚)ポカーン

 

 

いや消火器の授業にも入っとるやん。。。迷走神経とか、大学の講義以外で初めて聞いたよ!

ここまで一度も突っ込んでいなかったけど、専門用語が豊富すぎませんかw

 

僕は医学生だからまだ理解できる部分がありました。というか逆に勉強になりました!

 

一般人の方に迷走神経とか言ってるのかなーって想像したらちょっと面白かったです。普通の人が聞いたら若干引きそう・・・?

 

アレルギー検査をしたよ

何にアレルギーがあるか調べるテストも行いました。

アレルゲン(アレルギーを起こす物質)を腕に注射するのです。注射したのはスギ花粉とハウスダスト。

 

注射してから5分ぐらいで痒くなってきて、気が付いたら蚊に刺されて腫れたような感じになっていました。やはり僕はアレルギー体質のようです。


アレルギー検査って血液を採取して機械にかける方法もあるらしいです。その方がもつアレルギーを何種類も調べることができるそうです。だけどお医者さんはそれについて否定的でした。

 

アレルギーがあると分かったからといってその食べ物を食べないとなると、食べるものがなくなってしまいます。ほとんどの食べ物でアレルギー反応を示す人もいるようですから。

 

つまり若干アレルギー反応を示したところで、気にせず食べていいから、検査する意味は無いとのことでした。

 

じゃあなぜ血液をとってアレルギー検査をやるお医者さんがいるかというと、精密な検査が必要な場合を除いて大体はお金儲けのためだそうです。


アレルギー検査はあこぎな商売って言ってました。あこぎの意味は知りませんでしたが。アコースティックギターかな?みたいな。アコギなアコギ職人っているのかなって思ったり・・・(つまらないとか言わないでね☺)

 

最後に

インフルエンザの予防接種も良心的な値段でやっているらしく、患者思いの良い先生でした。具合が悪くなくても、その耳鼻科にまた行きたいぐらい!

 

あと、なぜお医者さんがやたらと専門用語を使って僕に説明してきたのか、自分なりに考えてみました。

 

最初の問診票みたいなやつに住所を書いたんですけど、僕は大学のそばに住んでいるんですよね。その住所をもちろん書きます。

 

それを見たお医者さんが、

「あ、この子医学部キャンパス付近に住んでるなら医学生やんけw専門用語使っても大丈夫やなw」

って感じになったんだと思います。あくまでも予測だけどね。

 

以上です、ありがとうございました!