譲治文書

大学生が映画・音楽・本について感想を書いています

アニメ「闇芝居」は適度に怖くて、簡潔だから好き

闇芝居というアニメをご存知でしょうか。闇芝居とは2013年からテレビ東京で放送が開始された5分程度のショートアニメです。名前の分かる通りジャンルはホラーです。

 

自分が高校二年生の頃にこのアニメの放送が始まったわけですが、その当時からこのアニメの事が大好きでした。現在は第5期が放送されています。

 

アニメ「闇芝居」の良さ

一話が簡潔にまとまっている

闇芝居は約5分間のアニメーションです。冒頭に登場人物の背景が軽く説明された後、都市伝説キャラが襲ってくる構成です。

 

ストーリーが短いので、無駄な部分がありません。ホラー特有の焦らしがないのでイライラしませんでした。

 

登場する「都市伝説キャラ」は毎回異なるので飽きを感じないし、マンネリ化しません。「へぇ、こんな化け物がいるのかー」みたいな感覚で楽しめます。

 

登場人物に降りかかる理不尽さが面白い

通常のホラー作品は、主人公が何かしら非があるものが多いです。たとえば主人公が悪者で非道な行いをしたから、妖怪が懲らしめるというのはよく見かける構図ですよね。

 

しかしこの闇芝居、ほとんどの確率で主人公が善人です。主人公は何も悪くないし何の落ち度もないのに、襲われます。そして偶に絶命します。

 

これほどの理不尽があっていいのか? と思うかもしれませんが、これこそが闇芝居の醍醐味なのです。後味は悪くありません。この理不尽っぷりが逆に笑えてきます。

 

この闇芝居ですが、五期が絶賛放送中です。過去の作品もDVDが出ているので是非チェックしてみてください!

 

▼Amazonのリンクはこちら

闇芝居 [DVD]